洗濯機を底上げしたいたけど、排水管高圧洗浄業者に作業してもらえませんでした

マンションや団地にお住いの方なら、排水管高圧洗浄と言ったらすぐに頭に思い浮かぶと思います。

1年に1回くらい、マンションの共有部と専用部(住居スペース)全体の排水管を、高圧洗浄機で洗浄してくれる作業の事です。

住居スペースでは、キッチン・浴室・洗面台・洗濯機パンの排水口から、洗浄ホースを排水管奥に送り込み、高圧の水で汚れを洗い流します。

キッチン・浴室・洗面台では、なんら問題なく洗浄できるのですが、洗濯パンの排水口については、ある問題で洗浄できないケースがあるのです。

それは洗濯パンと洗濯機の間に、スキマがないケースです。

このように、スキマがほとんどない場合、排水口に手が届かないのです。

またドラム式洗濯機ともなると非常に重いので、簡単には移動させることが出来ません。

なので洗濯パンと洗濯機との間にスキマが無い場合、排水管洗浄業者は作業してくれません。

ドラム式洗濯機を購入した時、かさ上げ台も同時に設置してもらったのに・・・

都内在住のA子さんは、ドラム式洗濯機を購入して設置する際に、かさ上げ台も同時に設置してもらったそうです。

「かさ上げ台を設置しておけば、物を落としてもすぐ拾えるし、排水口の掃除も出来るので、かさ上げもついでにしときますか?」と言われ、費用もさほど高くなかったので、業者の勧めるままかさ上げしたのです。

A子さんが、入居して半年くらいたった時、「雑排水菅清掃のお知らせ」というチラシが、ポストに入っていました。

来月の週末に、入居者全戸で実施されるようでした。

そして作業日当日、清掃業者がAさんに思いもよらない言葉を言ったのです。

「洗濯機下のスキマが狭いので、洗浄作業は出来ません」

Aさんは、洗濯機をかさ上げしているので、てっきり洗浄作業してもらえるものだと思ってました。

しかし実際には、洗浄作業してもらえませんでした。

洗濯機下に10cmほどのスキマが無いと、洗浄してもらえない

A子さんが、設置してもらったかさ上げ台は高さが6cmのものでした。

洗濯機下のスペースが6cm位だと、手が奥の排水口まで届かないのです。

なので、洗濯機の底上げ台を設置するときは、高さが10cm程度あるものを選ぶようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる